野枝コラム パリのBIO(ビオ)&エコロジーのエキシビション マジョレーヌ

野枝コラム パリのBIO(ビオ)&エコロジーのエキシビション 「マジョレーヌ」report2

HOME > 野枝コラム > パリのビオ&エコロジーのエキシビション 「マジョレーヌ」:レポート2

自分にぴったりのハーブティーを選ぶ

毎年11月の上旬にパリで行われているビオ&エコロジーの大きな展示会「マジョレーヌ(Marjolaine)」のレポート第2弾です。

森の中を抜けて会場に着くと、かわいいラマちゃん?アルパカちゃん?がお出迎えしてくれました。
草をムシャムシャと食べては日向ぼっこをして、またムシャムシャと食べて・・・。

その愛らしい姿はいつまででも見ていたくなりますが、早くお目当てのアロマとハーブのコーナーに行かなくては!

マジョレーヌのオーガニックフードコーナー

といいつつ、入り口付近にはたくさんのフードコーナーが。

鮮やかな看板やテントの色合いと、空や木々や差し込む太陽の光とのカラーリングも美しく、またまた足が止まってしまいます。

そこには、産地や育て方をすべて明示した肉、魚介、野菜、乳製品などを使ったメニューや、素材にこだわったパンやピザなど、オーガニックフードのお店がたくさん!

マジョレーヌのオーガニックフードコーナー

食いしん坊の私は、オーガニックフードって何だかお腹いっぱいにならないイメージ・・・といつも思ってしまうのですが、さすがそこはヨーロッパだからか、一皿ずつにそれなりにボリュームもあり、いただいたピザもソーセージも乳製品も魚介類もとってもクオリティが高いなぁと感じました。

というわけで、やっと会場内へ。
寄り道が長くて、たどりつくまでにだいぶ時間がかかってしまいました。。。

マジョレーヌのハーブティー計り売りコーナー

まず最初に目に付いたのは、ハーブティーの計り売りコーナー。

大きな大きな袋いっぱいにハーブが詰まっていて、自分の症状や目的、ほしい量を言うとその場でブレンドして計ってくれます。

老若男女たくさんの方々が、ほんの少量でも自分の要望にきちんとかなったブレンドしてもらい、大事そうに袋を抱えて買っていく姿を見ていると、特別に意識が高い人とか、特別に健康志向の人とかいうわけではなく、ごく当たり前に自分や家族の心身に良いものを探し、買いあさるわけでもなく、必要な分を必要なだけ買うということが文化として根づいているのかなと感じました。

アンチエイジングとアンチストレスのハーブティー

私がオーダーしたのは、アンチエイジングとアンチストレスのお茶です。

アンチエイジングは思いっきり作用重視で選んだのですが(笑)、特にストレスもないのになぜアンチストレスブレンドを選んだのかというと、ローズとリンデンとレモングラスのバランスが絶妙でとっても香りが良かったから。

ローズ・リンデン・レモングラスのアンチストレスハーブティー

今まで私が飲んできたハーブティーの中でもかなり香りが濃厚で、お砂糖やはちみつを入れなくても植物そのものの甘さやほのかな苦みが出ていて、何杯飲んでも飽きない美味しさでした。

・・・というわけで、今回もアロマコーナーまでたどりつけずに長くなってしまいましたが、次回のレポート3もまたお読みいただけたら嬉しいです。