野枝コラム パリのBIO(ビオ)&エコロジーのエキシビション マジョレーヌ

野枝コラム パリのBIO(ビオ)&エコロジーのエキシビション 「マジョレーヌ」report 1

HOME > 野枝コラム > パリのビオ&エコロジーのエキシビション 「マジョレーヌ」:レポート1

心沸き立つ、パリのビオ市

毎年11月の上旬にパリで行われるビオ&エコロジーの大きな展示会、それが「マジョレーヌ(Marjolaine)」です。

フランスをメインに、EU諸国の様々なビオ&エコロジーのものたちが一堂に会し、精油、ハーブウォーター、ハーブ、オーガニック石鹸、オーガニックコスメなどのビオ製品はもちろんのこと、素材にこだわったチーズ、パン、ワインなどの食品や、足に負担のかからない靴、寝心地をとことん追求した寝具など、心身を健康にし、かつ地球にも優しい様々なものが紹介されています。

中でも、成分にこだわって作られた精油やハーブウォーターの品ぞろえは素晴らしく、プラナロムの精油はもちろんのこと、日本では買うことのできないアロマ商品も、生産者の方にお話を聞きながらサンプルを使わせていただいたり、購入したりすることができます。

パリのビオ&エコロジーのエキシビション 「マジョレーヌ」の看板

一昨年と去年は足を運んだのですが、今年は残念ながら行くことができないので、ものすごいタイムラグではありますが・・・一昨年や昨年のレポートを少しずつご紹介させていただきたいと思います♪

場所はヴァンセンヌの森にあるパークフローラル、通称「パリ花公園」で行われます。

森の中にある・・・というとパリの中心地からものすごく遠いように思われますが、メトロ1番線の「Chateau de Vincenne」という駅が最寄りで、パリの中心部からでもメトロに乗って30分前後で行くことができます。

Chateau de Vincenne駅のすぐそばにあるヴァンセンヌ城

駅を降り立つと、すぐに目に入っているのがヴァンセンヌ城!
「素敵〜!見学したい〜!!」と思いつつ、そこは後回しにしてそそくさと目的地へ。

落ち葉たくさんの美しい並木道を歩いて5分と経たないうちに、1枚目の写真ようのようなマジョレーヌの看板が出てきます。

そのままさらに歩くこと5分程度で、「パリ花公園」に到着!駅から楽しんで十分に歩ける距離です。

パリ花公園 ゲート付近の花たち

公園のゲートをくぐると、たくさんの鮮やかな花々がお迎えしてくれます。
森の木々、美しい落ち葉、活き活きとした花たち。

駅からここまで歩いてくるだけでも、植物たちにたくさんの元気を分けてもらうことができます。

さて、ここから園内を少し歩いて、いよいよ会場へと向かいます!